cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

保育園の子どものつぶやきとクッキーにほっこり ちちんぷいぷい編 

3歳の女の子がふたり、積木の細い棒を持って

急に私の前に立ち

 

ちちんぷいぷいの~プイ!」と魔法をかけてくれました。

 

「先生に魔法かけてくれるの?

 先生、かわいく変身した???」と聞いたら

 

「ううん。まだまだ。

 せーのっ!ちちんぷいぷいの~プイ!」

と何度も何度も魔法をかけてくれました。

私が可愛くなるのはなかなか手ごわいようでして(>_<)

それでもあきらめずふたりは何度も魔法をかけてくれて。。。

 

「ねえ。もうかわいっくなったでしょ?」と聞いたら

 

「うーーーん。そうだね。。。」と

子どもながらに気を使っている様子。

 

で、しつこく

「どこがかわいくなった?」と聞いてみました。

 

するとかなり考えて

 

「うーーーーーん。からだ!」

 

えっ??? か、かおじゃないんだ( ̄▽ ̄)

顔はたいしてかわいくなってないし、体ってかぁ?

3歳児にすればうまいことを言ったものですね。

 

そのあともう一人の担任のところへ行ったふたり

(複数担任なので)

 

ちちんぷいぷいの~プイ!」

同じように何度も魔法をかけて一言。

「うーーーーーん。髪が残念ですね~」

 

えーーーー。

顔のことには触れずに髪と来ましたか。。。

なんという3歳児。恐れ入りました。

言われた担任は

「きゃーーーー。

 美容院行こうと思ってたところなんだよね~。

 なんかいいところ付かれてショック。。。」

とうなだれていました。

それを見て笑ってしまった私でした。

 

今日もほっこりのつぶやきをありがとう。

 

そして今日は年長児がクッキーを作ってくれて

おやつにみんなでいただきました。

私もいただきました。

もうすぐお別れだね。

みんな大きくなったね。

しみじみクッキーを食べました。

f:id:cocorony:20190311160104j:plain