cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

しょんぼりしているピアノを弾く

うちには電子ピアノがあります。

これは娘が習い始めたので購入したものです。

私も保育園で歌う童謡の練習に使っていました。

 

短時間保育士になってからは

ピアノを弾くこともなくなり

練習することもなく

ずっとしょんぼりたたずんでいたピアノ。

気になってはいたのだけど

何かきっかけがないとなかなか弾けないもので。

 

愛読ブログであるのんちゃんの記事で

ピアノのことが載せられてから

弾きたい気持ちがわいてきました♪

 

そして先日

久々に弾いてみました。


f:id:cocorony:20200128065034j:image

 

子どもの頃にスラスラ弾けた

モーツァルトの曲。

わりと弾きやすい曲なので弾けると思いきや

甘かった。。。

 

脳内ではスラスラ弾けているのに

指が動かない。。。

そりゃそーだ。

10年くらい弾いてないもん。

 

それでも指の練習にもってこいのこの曲を

何度も練習しました。

ココチイイ♪ココチイイ♪

 

そしたらちょうどその日に更新された

のんちゃんのブログ記事が

ピアノのことでした(^^)

   ⬇︎

nonchi1010.hatenablog.com

のんちゃんの記事は

ステキなビアノ愛で溢れていました。

ピアノを調律でよみがえらせて

これからもそばにいてくれる存在になったとか。

あたたかい思い出と共に

楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

 

私は小学2年の時ピアノを習い始めました。

あの頃は練習が大嫌いでした。

家では厳しい母に叱られ

レッスンでは無表情な先生にドキドキし

6年生まで習っていました。

 

6年生になると

全然練習しなくなった私に

母はある作戦を決行しました。

お手製の素っ気ないシール帳。

1時間練習したらシールひとつもらえます。

シール1枚10円となります。

 

単純な私はまんまとそれに騙されて

ホイホイと練習していました。

 

中学生になり母の気が済むと

ピアノをやめさせられました。

始めるときもやめるときも

私の意見は聞いてくれなかった母。

習い事のすべてがそうでした。

母らしい。

 

でもおかげでシールが98枚。

980円なり~。

 

それよりも嫌々ながらも

ピアノを弾けるようになったことで

好きな曲を自由に弾く楽しさを知りました。

 

レッスンをやめてすぐ弾いたのが

エリーゼのために

あんなに練習を拒んでいたのに

めっちゃ練習して自分の音に酔いしれるほど。

中学の合唱コンクールでは

ピアノ伴奏をしたこともありました。

 

 

妹の結婚披露パーティーには

AI のストーリーをピアノで弾きました。

歌ったのはなんと当時一年生の娘でした。

(あの頃はあんな度胸あったんやな?)

気持ち良かったなあ♪

 

 

実家の2階には

子どもの頃に使っていたアップライトピアノ

長年ひっそりと存在していました。

母が処分しようかと言ったときは

なんとも寂しくて

私の家に移す計画も立てたのだけど

いろいろあって断念。

 

一昨年リサイクルショップにお嫁入りしました。

きっと誰かの手に渡って

また弾いてもらっていることと思います。

 

 

さて

仕事復帰がまだできなくて

クヨクヨしてるくらいなら

クヨクヨ時間を楽しみに変えよう。

 

ピアノを楽しむのもいいね。

弾き語りなんてしてみたいな。

 

ポロロンロン♪

ポロロン♪

 

ラーラら~♪

LaLaら~ん♪