「今」を大事に生きていく

過去は変わらず未来はわからないのだから

普通の幸せがやってきたかもしれない

 

私は最近体調が良くて

不安感もすくなくなりました。

 

またすぐに体調が悪くなるかもしれないという

ちょっぴりの不安は残っているんだけれども。

 

ちょうどいまから10年前。

背中の身体症状が始まりました。

病院をいろいろ巡り。

いろんな薬を飲んで

入院もしました。

 

ようやく。

ようやく。

ほんとにようやく。

普通の感覚が戻ってきました。

 

例えばドラマを楽しみにしたり

好きな推理小説を読みたくなったり

天気がいいから草むしりをしたくなったり

そういう感覚です。

 

10年間は常に自分の体調に

振り回されていました。

身体症状のことばかりが気になって

辛くて辛くてたまらない毎日を

なんとかごまかして過ごしてきました。

 

でもこの数日

背中がピリピリしてきても

まあいいや!って気にしなくなったり

今日はどんな日になるだろうかと

朝から不安感が沸いたりすることが

なくなってきたのです。

 

今日もスーパーで買い物をして

重い荷物をうんとこしょっと持って

空を見上げたら

青空でした。

 

わあ、気持ちいい。

この感覚が戻ってきました。

 

ドラマが楽しみになってきて

ドラマを集中して見れるようになりました。

 

家族の好きな料理を

作っているとき

なんだか

落ち着いた穏やかな時間が

流れていました。

 

このまま

このまま

どうかこのままでいて。

 

 

今日は娘が春休みでバイトもなく

家にいてくれました。

ゴロゴロして一緒にテレビをみるのも

普通に楽しくてしかたがない。

 

途中で眠気が襲ってきて

娘に意味不明の寝言を言って

大笑いされて

「なんでそんなこと言ったん?」と

自分でもおかしくて

一緒に大笑いしたことが楽しくて。

 

どうかこのままでいられますように。

 

とても辛くて長かった10年。

そろそろ私にも

普通の感覚で生きさせてほしい。

おねがい。

お願い。

 

 

夕飯の時間になり

娘がハンバーグを作るといってくれて

横で見ている時間もとっても幸せ。

 

もう。

この普通だけど

特上の幸せを続けさせてほしいです。

 

今日のハンバーグ。

おいしかったよ。

野菜スープも一緒に

たらふくたっぷり食べました。

 

ああ。幸せ。

 

続いていきますように。。。

 


f:id:cocorony:20200302194531j:image