cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

地球にずっと住んでいきたい

雨の中いつもの病院の診察に来ました。

待合室でブログを書いています。

 

雨が強く降り続いていますね。

避難しておられる方や

これから雨が強く降る地域の方は

どうかどうかご無事でいてください。

祈っています。

 

うちの地域もしばらく雨は続くようです。

 

地球温暖化のことを

いつまでも先伸ばしにしている地球人たちに

宇宙が教えてくれているのかもしれません。

 

ずっと前から教えてくれていたはずです。

私が中学生のころ

このままでいくといずれ住めなくなることを

教師に教えてもらいました。

やだなあ。と思っていましたが

今や現実世界で住みにくくなってることが

いくつもありますよね。

 

主婦になった20年前から

ゴミの分別は出来る限りしています。

エコバックも使っています。

ゴミになるようなものを

買わないようにしています。

 

あとは何をしているだろう。

 

人魚が頭から油のようなどろどろの液体を

かけられているというCMがありました。

 

つまり人に汚された水が

川や海を汚していることを意味したのだと

思います。

 

衝撃を受けた私は

水を汚さない洗剤を使い始めました。

 

でも

洗剤が高いことと

私くらいがそんなことしたって

変わらないという気持ちが出てきて

数ヵ月で普通の洗剤に戻しました。

 

ひとりが頑張っても仕方がないと思っちゃうけど

ひとりひとりが地球温暖化に向き合って

みんなで努力していかなくちゃ。

 

私たちの子どもたちも

これから生まれる赤ちゃんたちも

保育園で保育している子どもたちも

私たち大人をきっと信頼して

未来に希望を持って生きているんじゃないかな。

 

大人の対応が正しければ

子どもたちもまたそれを真似て

地球温暖化を真剣に考えて

歯止めをかけてくれるんじゃないかな。

 

空がきれいな地球。

海がきれいな地球。

心地よい陽射し。

必要な分の雨や雪。

 

なんだか。。。

どんどん天候に不安を抱くようになっています。

 

それを取り戻すには

ひとりひとりの心持ちとか努力とかが必要で

それは

地球人みんなでやらなければならないこと。

 

どの国も地球にあるのだから。

いがみあいしている場合じゃないわ。

 

でもこんなことを言っている私に出来ることや

いいアイデアが思い付かない。。。

 

なんてちっぽけな自分。

 

ここまで記事を書いて

ふと見上げると

待合室の日めくりカレンダーが

目に留まりました。

 

 

こんな言葉が。。。

 


f:id:cocorony:20200706104036j:image

 

 

あとじゃできねんだよなあ

いまのことは

いましかできぬ

 

                               みつを

 

 

そう。

今しかできないこと

今、しなきゃいけないことがあるはず。

 

 

地球を怒らせないで

今できることを

みんなでしていきたいなあ。

 

 

診察が終ったそのあとは

父の病院へ向かいます。

 

父にも

娘として今出来ることをしようと思います。

 

みんなそれぞれが

自分の生活で一生懸命だけど

地球温暖化のことも今しなきゃいけないこと。

 

 

私たちはいそがしい。

でも

今しなくちゃ。。。