cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

わたし治療へのスタートを切れるのかな

ブログで自分の病のことを

これまでも話してきたけれど

今回は言うかどうか

迷いました。すごく。

 

でも

ブログを始めて

2年半近く経つ中で

いろんな方々の経験や思いを

聞かせていただいたり

コメントを

やり取りしていただいたりしているうちに

ブログは私の生活の一部となっています。

 

だから今回の大きな出来事も

ここでお話させてもらうことにしました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

8年前のガンが

再発しました。

半年に一度のガンの検診で

見つかりました。

 

先週の金曜日

電話でその結果を聞きました。

他人事のようで自分のこと。

 

再発はしないと思っていたけど

ココロのどこかで

もしかしたらいつか再発するかも

とも思っていたような。。。

 

その日は保育園を早退して

実家にいる母に伝えに行きました。

 

ようやく父の納骨を済ませ

母も落ち着きたいところなのにね。

お母さんごめんね。

 

父がガンで亡くなって

明日で49日。

父がいなくなってから

見つかってしまった私のガン。

 

お父さんのいない今

乗り越えられるのかな。。。

 

電話でガンの再発を告げられた時は

娘が来年度就職するまでは

生きていなくちゃと

思いました。

 

家に帰ると

娘が勉強をしていました。

「お母さん今日は早いね。

 なんかあった?」

娘がそう言ったので

「うん。検査結果が良くなかった。」

そう答えて

医師から告げられたことを

そのまま娘に伝えました。

 

娘に告げる時は

なるべく心配させないように

明るめの声で言うことができました。

 

「お母さんは大丈夫だよ。」と

娘が言いました。

 

そう言われると

本当に大丈夫だと思えてきました。

 

娘と楽しく会話していると

就職までなんかじゃなくて

結婚する時も

出産する時も

そばにいて

見ていたいと思いました。

孫を抱っこして

溺愛したいなーと思いました。

 

欲張りになって

もっと生きたいと思いました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今日は大学病院の診察があり

詳しい説明を聞く日でした。

 

実習が始まる娘が

私の手首に

ブレスレットをしてくれました。

「あっ、これ。。」

そのブレスレットは

私が娘を出産した時

お守り替わりでで付けていたものです。

 

娘はそのことを思い出して

探しといてくれたのかもしれません。

 

娘を実習へと送り出し

私は旦那と大学病院へ行きました。

 

医師の説明を聞きながら

涙があふれました。

 

「仕方がないのだ。

 受け入れるしか。」

 

入院の手続きや

手術前検査の予約を済ませて

帰り道は

不動寺の八重桜を観に行きました。

 

f:id:cocorony:20210419161402j:image

いい天気の中

かわいい八重桜を観ているというのに

「私、ガンなんだなあ。」と

ココロの中で自分の声が聞こえます。

 

不動寺では旦那と

あっちこっちにある御賽銭箱に

次々にお賽銭を入れて

お願いしてきました。

f:id:cocorony:20210419161342j:image

 

私のガン治療が

無事におわりますように。

みんな元気で

過ごせますように。

 

 

 

なぜ

ガンにならなきゃいけなかったっけね。

 

なぜ

私なんだろうね。

 

あんなに頑張ったのに

なぜ

またガンになるんだろうね。

 

 

なぜなのかわからないけど

こういう人生。

 

受け入れて進むしかないんだな。

 

 

助けてーって

言いたいけど

自分で乗り越えていかなきゃな。

 

 

周りの人たちに助けは借りるけど

やっぱり私が自分で

頑張んなきゃな。

 

 

頑張れるかな。。。

今はまだわからないな。。。