cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

癌の威力

昨日の夕飯は

肉豆腐と決めていました。

簡単だしみんな好きだから。

 

夕飯前に娘が

「キンパ作ろっか?」

と言ってくれました。

 

えー?いいのー?

癌細胞に

家事のやる気まで奪われた私に

娘の声が神様のようで〜〜〜(*´꒳`*)

 

f:id:cocorony:20210505094212j:image

 

これがうまいのなんのって。。。

ありがたいことよ。

 

 

ゴールデンウィークの雰囲気も

全くない我が家。

 

もともと

私は病気で仕事を休んでいるし

娘は実習前の自宅待機となっていて

ゴールデンっていう気がしません。

 

暇そうな旦那は

アマゾンプライムで映画を見たり

たまにバイクで出かけたり

たいしたゴールデン休みではありません。

 

みんなの気持ちも

沈んでいるのは

私の癌の再発のせいで。

なんだか申し訳がない。。。

 

昨日は娘が

ネットサーフィンして

やたらと私に似合うワンピースを

探してくれていました。

それも多分私の癌の再発のせい。

 

「これかわいい。

 お母さんどう思う?」

と聞いてきます。

 

「かわいいけど若いわあ。

 着たいけどお母さんには若すぎるわあ。」

と言うと

「そお?」とか「確かに!」と言って

ずっと探すのを辞めないでいてくれました。

 

娘の見つけるワンピースは

そのどれもがぶかっとしていて

お腹を締め付けない感じのものばかり。

 

もうそれだけでありがたい。

 

 

抗がん剤で髪が抜け落ちるなら

ショートにしようかと思い始めた昨日。

 

「手術が済んだらさあ。

 同じ髪型にしよっか?」

と旦那に突然打診してみました。

 

「俺みたいにコボちゃんになる?

 絶対、似合わんぞ!!」

 

旦那は不器用で正直な人だから

ショートにしたことのない私が

なぜ突然そんなことを言ったのか

瞬間的に読み取れず

「似合わんぞ」と言った後

ハッとして

「刈り上げなくてもいいやろ?」と

取り繕っていました。

そんなに気を使わんでもいいよ。。。^ ^

 

ショートのヘアスタイルを検索して

旦那に見せたら

「おっ、いいねいいね。

 そんなの似合うんじゃない?」

とさっきの自分の言葉を

反省するかのように

今度は似合う似合うと言ってきて

ありがたくて笑ってしまったよ。

 

医療用ウィッグを検索して

「これは?」

「これは?」

と聞くたびに

「似合うと思う。」

と言う旦那に

「これは?」と

アルフィーの高見沢系のヘアスタイルを

差し出してみました。

 

「えーーー。

 それは気持ち悪い。」

 

あー良かった。

なんでも似合うって言うのかと思って

心配した〜。

 

 

癌になった樹木希林さんが

生前言っていた言葉を

先日からずっと思い出しています。

「癌はありがたい病気。

 みんなが優しくしてくれるからね。」

 

聞いた時は癌がありがたいなんて。。。

そう思っていたけれど。

 

癌はすごい威力があります。

 

周りの人までを

不安に追い込んでいます。

 

以前乳がんになった

保育園の後輩保育士さんからは

心配でたまらないメールが

長文で送られてきます。

ありがたい。

 

そして時には

やる気も出るようで。。。

ずっと私が接してきたMくんは

私がいなくなったことで

多動がすごくて保育士たち

てんやわんやらしいです。

 

「先生の接し方がいかに良かったのか

 わかります!」

そう言って

ようやくMくんの接し方に

みんなで向き合って

躍起になっているようです。

これがMくんにとって

いい方向にいくだろうと思うと

やっぱりありがたいことです。

 

逆に距離を置く人もいますけどね。

仕方ないしそれでいいです。

 

 

癌はありがたいかあ。。。

 

素直にそうは思えないけど

癌の威力は半端ないです。

 

その威力が

私にも周りの人たちにも

いい方に働きますように。。。