cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

イライラして愚痴るねm(__)m

モヤモヤしています。

いつものこと。。。

と言えばそうなんですけど。

私にとっては

くだらないことではないのですよ。

 

こんなことを

これからも思い続けるのかと思うと嫌になる。

でもそんな大げさなことでもないんかな。

私の器が小さいからなのかどうなのか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

今週の楽天お買い物マラソン

生活用品をポチポチしていると

娘の一人暮らしに必要そうなものも

ついつい見てしまいます。

 

娘は国試の勉強真っ最中なので

「こんなのどう?」と聞くと

「今そんな気持ちになれんからわからん。」

と言います。

 

そりゃそうだ。

 

でも勝手に買うわけにもいかず

国試が終わってからでいいか

と思っているわけです。

 

それでもやっぱり娘のことは

常に考えていて

引っ越しの時にすぐ必要なものは

購入しておいた方がいいなと思っています。

 

 

今回楽天市場で見てたのが

コードレス掃除機とダイキンのセラムヒート。

 

コードレス掃除機は

店舗で実際試してから購入した方がいいし

実家に余っている物を借りていてもいいかな。

 

と言うわけで

ダイキンのセラムヒートを探していました。

 

 

以前旦那とケーズデンキに行ったとき

ダイキンのセラムヒートを見て

「これはいいね。」と言っていたものです。

 

娘のアパートには灯油を使うファンヒーターは

使わないことにしています。

灯油の管理や運ぶ労力が大変だから。

 

それには旦那も了承してくれていましたが

だからどうする?ということは

話し合ってもいなかったし

旦那は何も考えていないとも思います。

まだ先の話~というよりは

何も考えるつもりはないと思います。

 

 

国試が2月。

合格発表は3月末でも

3月には引っ越しておかなければなりません。

 

引っ越しの時期もまだ寒いでしょうから

暖房は必要です。

エアコンがあるからいいや

とも思っていたのですが

シーズンオフになる今の時期に

買っておいた方が多分お得。

 

 

ケーズデンキ楽天市場店なら

29,800円でポイントが

4,500円ほどつくのを見つけました。

めちゃお得だけど

でもアウトレット品で

長期保証は付けられない。

 

ケーズデンキのオンラインショップで見ると

29,800円でプラス5%で3年保証が付きます。

 

楽天市場店はお得だけど

保証はあった方がいいよね?

と旦那に聞いたところ

保証はあった方がいいし

店舗でもう一度実物を確認してから

買ってきたらいいと言われました。

 

ふたりで現物をもう一度見た方が

いいんじゃないかと聞いたら

 

私が自分で見て「いい」と思ったら

買ってきてくれて構わないというので

早速次の日

近くのケーズデンキへ行きました。

 

なんと完売。

調べてもらうと

他の店舗にあることが分かりました。

 

旦那に告げると

「明日にでも買ってこれば?

 売り切れたらいややろ?」と。

 

なんかその時点ですごい

『他人事感』がしたけど

まあ私は仕事もしておらず

日中動けるわけですし

少し遠くの店舗へ行き

オンラインショップの値段に

ちゃっかり下げてもらい購入してきました。

 

 

早速家で使ってみると思った以上に暖かい。

娘も喜んでくれたし

「いい買い物したわあ。

 これで娘のアパートの暖房も完璧!」

なんてウキウキしていました。

 

帰宅した旦那が

「意外と遠くまであったかいんやなあ。」

と暖まっていました。

 

そのうち回転させたり持ち上げたりして

「これすぐ壊れるわ。グラグラやし。」

と言うんです。

 

その言葉は別に

私に文句を付けているわけではない

と思うんですよ。

 

でもさ。

でもそんなん言うんやったら

一緒に見に行けばよかったんじゃない?

あんなに聞いたよね?

現物見んでいいの?って。

 

そんなちょっとしたイライラが

私に溜まったのです。

それが昨日のこと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そしてこんなこともありました。

 

最近通信費を見直しているんですが

インターネットも見直すことにしました。

 

光回線が開通したときに

フレッツ光にしましたが

もう少し安くならないかと検討したのです。

 

もう娘もいなくなれば

そんなに高い速度の物もいらない。

そして屋根の上のアンテナを

下ろしたいということもあり

ケーブルひかりにすることにしました。

 

工事は来月の平日になりました。

旦那が言うには

「工事の時に俺がおらんでもいいやろ。」と。

 

一旦はそれに了承した私ですが

フレッツ光の回線工事の時に

旦那が屋根裏に上がっていたことを

思い出したのです。

 

聞くと

線を通る管が途中で途切れていたので

自分が屋根裏に上がって

補助をしたと言うんです。

 

今回も心配だけどどうしたらいい?と聞くと

「だいじょうぶやろ。」と。

え?何を根拠に?

 

「電話かけて

 その状況を話しておいてくれん?」

とお願いすると

「えー?俺が電話せんなん?」と。

 

私じゃ状況がいまいちわからないから

あなたから伝えてほしいと告げると

もう明らかにいやそうな顔。

 

その日はかけるとも言わなかったけど

次の日にかけてくれました。

それも昨日のこと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

これまでのそういう面倒なことは

私に全てお任せだった旦那。

 

私もそれを引き受けてきたのが

悪いのかもしれませんが

車関係のこと以外はすべて私がしてきました。

 

初めてのパソコンもインターネットも

ルーター設置も

その他の電化製品の説明書を読むのも

毎年の年賀状印刷も

娘の学校関係のことも

その他もろもろの家事も

そして子育ても。。。

 

 

旦那の平日は帰宅したら寝転がって

テレビを見る。

夕飯が食べ終わったら皿洗いもしないで

テレビを見る。

 

私の帰宅時間は

旦那の帰宅とさほど変わらない時間でした。

 

甘えてくる娘の相手をしながら

冷たい足を温める暇もなく

急いで夕飯を作り(しかも手を抜かず)

みんなで食べる。

 

テレビ番組の時間に合わせて

さっさと食べる旦那は

食器もそのままでテレビを見始める。

 

私は娘の相手をしながら

その日の寝るまでの段取りを常に考えていて

本当はいっぱいいっぱいで

「お皿洗ってほしい。」と

旦那に頼んだこともあるけど

「えーいやー。」と言われ

してくれることは一切なくて

いつもいつもストレスフルの中

娘には愛情いっぱい注ぎたい気持ちを

優先させていた。

 

旦那はその気持ちもその必要性も知らず

テレビを見て笑っていたっけね。

 

「一人暮らしなん?」と何度も思っては

口にしなかったのは

家事や子育ては私がするものだと

私自身も思っていたのかもしれません。

 

でも旦那にもっと子育てをしてほしいと

伝えてこれば良かったと思っています。

 

テレビを見て大笑いしている旦那に

何度もイライラしていたけれど

何にも言えなかった私。

 

洗濯を干すのは言えばしてくれたけど

快くしてくれている様子はなく

干しながらイライラしている旦那に

ドキドキしていました。

 

フルで働いていた時でも

家事も子育ても精いっぱいしていたのは

私の意志だったのだから

旦那にイライラするのはお門違いですか?

 

 

ふたりの時は良かった。

ふたりでテレビを見る時間もあった。

 

娘が生まれて夜中に泣いても

旦那は起きることもなかった。

仕事をしている旦那に迷惑が掛からないよう

泣いた娘を別室で見ていたけど

夜泣きの大変な様子を

もっと旦那に見てもらえばよかった。

 

 

今回のセラムヒートの件といい

ケーブルひかりの工事の件といい

結局私に丸投げなのだ。

 

丸投げにしてくれることで

楽なこともあるにはある。

でも結局は

すべて私の好きなようにはできないし

丸投げのわりに後からだめだしされると

なんだそれ?と思うのです。 

 

 

旦那はいつも私に任せきりで

いつのまにか快適なインターネット環境があり

いつのまにか年賀状が印刷されており

いつのまにか家事がされていて

いつのまにか娘が成長している

そんな感覚なのかもしれない。

 

そこにどれだけの労力や愛をいっぱいにして

乗り越えたり関わったりしてきたことか。

 

 

旦那に対して

こんなにも何もせず

結婚生活を続けてきたのはなぜなのか

聞きたくなる。

 

聞いたところで旦那にとっては

「なんのこと?」だと思うし

私がこんなにため込んで腹を立てていることを

知らないのだ。

 

そんな旦那にいまさら何を言っても仕方ない。

 

だけど

ことあるごとにイライラする。

 

「なんもしてこんだやん。

 いつも私に丸投げやったやん。 

 毎日テレビ見とっただけやん。」

 

そんなことをいまさら言っても始まらない。

 

だけど私のココロの奥には

ずっとその気持ちが溜まっていて消えない。

 

 

どうしようもないことだけど

過ごしやすい方法はなにか見出さなければな。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

娘は今日も国試の勉強をしています。

毎日毎日よくやっています。

 

娘のことを考えて

環境を整えたり

おいしい物を作ったりするのを

私は今も楽しんでいます。

 

結局子育てが好きなんです。

 

昼食は娘の食べたいものを

作るようにしています。


f:id:cocorony:20220128125704j:image

f:id:cocorony:20220128125701j:image

 

「うまっ!」と食べてくれる娘の顔を見て

私は幸せを感じます。

 

しつこいけど旦那には

そういう娘の顔を見る意識が

なかったのかもしれない。

 

母性と父性の違いなのか?

いやいや決してそうではないんだろうな。

 

そういうタイプの人なんだろうな。

そういう人と私は結婚を決めただけのこと。

 

そして話し合わなければならないことを

話し合ってこなかったから

わかってもらえなかったのだよね。

 

 

これから私にできることはあるのかな?

 

それはなんだろう。。。