「今」を大事に生きていく

過去は変わらず未来はわからないのだから

当たるのか?行けるのか?

行きたいライブがあって

そのためにプレミアム会員にもなっていたのだけど

いざ開催されることが決まると

「私、行けるのか?」と

不安になりました。

 

新幹線に乗って、歩いて

ライブでハッスル(古っ)して

体調悪くならんかな。

 

 

娘も大喜びで抽選チケット応募の話を

どんどん話してきてたのだけど

私の体力が持つのか心配で

娘と旦那に相談しました。

 

娘は「お母さんに任せる」と言い

旦那は「いいけど。、大丈夫?」と言い

とても悩んだ結果。。。

 

⚫︎ライブだけに行く

⚫︎どこにも寄らない

⚫︎無駄に歩かない

という条件を娘に同意してもらい

応募することにしました。

 

なんとなく当たる気がして

当選するかもわからないのに

会場の近くのホテルも早々予約。

 

そこまでしても

ほんとに行くの?行くの?大丈夫なの?と

自分に問いかけています。

 

 

娘は

「あ〜、なんか行ける気がするぅ〜。

 胸がいっぱい〜。」

と言っているけど

私は自分の体力が心配でたまりません(T . T)

 

 

先日ラジオ体操をしたら

意外とキツくてびっくりしましたし。。。

心配だなあ。

地獄には落ちたくないなあ。

 

でも。

でもなのだ。

 

私はそのライブにとっても行きたい。

その日まで慎重に慎重を重ね

ラジオ体操やゾンビ体操や散歩で

少しずつ体力を付けて

その日を迎えようと決めました!

 

そしてもし

無理そうだったらやめりゃいい。

娘を悲しませるけど

本当にダメならやめりゃいい。

 

 

当たるかどうか?

行けるかどうか?

 

なかなかの大イベントが

嬉しいような怖いような。。。です。

 

 

今日は娘と

「ライブに行ったらさあ」の話で盛り上がり

「まだ決まってないからーっ!」と

どちらともなくツッコんでは

 

また

「ライブに行ったらさあ」の話をして

過ごしました。

 

楽しかったけど。。。

だいじょーぶかなー?

私の体力。。。

 

f:id:cocorony:20240223202831j:image

ひき肉とじゃがいもとニラ炒めには

生姜とニンニクを入れて元気を付けました!

 

筋力も付けなきゃな。

 

 

 

 

 

メンテナンスしなくちゃね

義母と話をしたあとに

義姉と電話をして

今後どうするかを話し合いました。

 

義姉は私には迷惑をかけたくないと言うけど

近くにいて動けるのは私だから

できるだけのことはすると伝えました。

 

旦那も義母の様子に疲れ果てているので

とにかく3人でなんとか頑張ろうと言うと

義姉が「涙出る。。」と言ってました。

 

自分のお母さんのことなのに

みんなで辛くなっている。

悲しいことですね。

 

私はわずかな力にしかならないけど

少しでも力になろうと思います。

 

 

なんて偉そうなことを言っておきながら

義母と話をした日の夕方

また電話があって

よくわからない内容にモヤモヤ。

 

その夜は寝付けず

朝まで一睡もできませんでした(T . T)

 

どうしても義母のことを考えてしまい

義母はうつ状態なのではないか

依存症なのではないかと思うと

かわいそうになってドキドキして

眠ることができなかったのです。。。

 

 

起きてきた旦那っちに話すと

「昔からお金を使ってしまう人やから。

 それでおやじもよく怒っとった。

 うつではないと思うから

 あんまり気に病まれんな。

 少し寝られ。」

と言われ

とりあえずそのあと寝ました。

 

起きたら11時半になってましたけど

睡眠不足で体調が悪くなることが多いので

ひとまず眠れて良かったです。

 

 

今日も日中に義母から電話があり

デイケアの施設の書類が揃ってなくて。」と。

 

今ごろ書類なんてないし

あるとしたらケアマネジャーさんから

私に連絡が来ることになっています。

 

私に電話をしたかっただけなのか。

本当に必要書類があるのか。

それとも他の何かが。。。怖い。

 

『今の私には義母の話を受け止められない』

そう思って

「わかったよー。

 また確認しておくねー。」

と電話を切り義姉にメールして

そのことは託すことにしました。

 

 

自分にできることを引き受ける。

無理はしないで元気にいる。

これは大切なことだから。

介護する上でも重要だから。

 

自分のメンテナンスは

自分でしないとですね。

 

 

今日はミシンで

入園入学グッズを作り続けました。

没頭できるものっていいなー。

何も考えず作っています。

 

ミシンはメルカリ出品を始めた頃に

買い替えました。

ボタンで自動糸切りができます。

それがうまくできなくなってきたので

開けたことのないフタ?を

ドライバーで開けてみてびっくり!

 

糸くずやらホコリやら。

ありゃー。

f:id:cocorony:20240221175843j:image

 

きれいに掃除したら糸切りもスムーズに。

日頃のメンテナンスって大事ですね。

 

 

気温が上がったり下がったり。

日々のストレスも溜まりっぱなし。

免疫力が落ちてしまいますね。

 

自分ができるだけ元気にいられるような過ごし方を

工夫していきましょう。

 

 

 

 

万能薬と義母でシャンとなる

腰が痛いけどギックリ腰ではないしな。

耳たぶの後ろが3日前からズキズキするな。

頭痛も3日間ほどよわーく続いてるよね。

そしてとにかく眠い眠い。。。

 

精神的だと思っていたけど

もしかして風邪???

 

慌てて改源を飲みました。(プラスRummy)

f:id:cocorony:20240219142054j:image

 

うちの母はちょっと調子がおかしいと思ったら

必ずすぐに改源を飲みます。

そして治してみせます。

 

そしたらブロ友ののんちゃん(id:nonchi1010)の

お母さんの万能薬も改源だったので

なんだか嬉しいというかより効くような気がして

昼前に飲みました。

 

改源って開けるとすごーい香りが漂うので

その香りを吸うことを

私と娘の間で「受動改源」と読んでます。

それだけでも治りそうやよな。笑

 

 

さて薬を飲んで横になる前に

義母のところにおはぎを持って行ったら

かなり暗かったので

義母の不安なことは何か聞きました。

 

「贅沢をやめられない」

「だからお金が足りない」

そう言われても困るんですけど。

 

あなたの息子も娘もそして嫁も

切り詰めて生活していることを

ちょっと強めに言ってしまいました。

 

「お母さんにはもっと

 楽しんで生きてほしいんやよ。

 それだけのお金(年金)があれば

 十分生活を楽しめるよ?

 今、お金がないっておかあさんが言うことで

 娘も息子も悲しんでるよ。

 おかあさんはそれで楽しい?

 贅沢してお金も無くなって

 我が子にも悲しい思いさせて

 お母さんも悲しくない?」

 

そしたら義母は

自分のしてることを十分わかってると。。

でも今までの生活をやめれないと。。

使い道を聞いて「はあ?」ってなりましたよ。

 

 

改源のおかげが

義母の証言の衝撃からか分からんけど

少し体がシャンとなりました。

へんなの。。。

 

自分の体調

とにかく整えよう。

まずはそこだな。

 

 

原因のわからない痛み

気持ちが下火模様。

要注意期間の到来?

早めに処置必要かも。。

なので今日はずっとベッド生活。

 

なぜこうなったのかって〜(T . T)

木曜日にまた右季肋部痛があり

夜中もそれで目が覚めました。

 

その痛みの時は

原因がわからないから

とても不安になるんですよね。

そして泣いてしまう始末。

 

 

昨日の土曜日。

3ヶ月前に初めて受診した大学病院の総合診療科の

2度目の診察がありました。

 

ブログにも書いたけど

初診の時に1時間半の診察をしてくださり

その丁寧な対応に感激していました。

 

今回の診察では

痛みのある時のCTや血液検査結果を

近くの総合病院で受け異常がなかったので

これ以上の検査は必要はなく

今後は通院している精神科の方で

診てもらうように言われました。

 

すごくあっさり。

私が木曜日の痛みのあった時の様子を伝えても

電子カルテに入れることもなく

スルーしているかのようで

なんというか。。

私、何かしたかな?と思ったくらい

先生の態度が初診の時と違っていました。

 

結局。

どこも悪くないから

もううちでは診れませんというのが

いつものパターンなので慣れているとは言え

初診がとても丁寧だっただけに

先生の態度が違いすぎて

面食らったというか。。。

 

 

私が呆然としていたら

『何が不安ですか?』

と言われて

「痛みを放っておいていいのかということです。

 今後は婦人科のCTの時に

 右季肋部の異常がないか

 聞けばいいってことですか?」

 

『まあ、そうですね。

 でも、半年に一度のCTで

 異常が見つかるとは限りませんよ。

 痛みを強く感じやすい人がいるので

 そういうことになると思います。

 なので通院してるところで

 診てもらって下さい。』

 

ふーん。

精神的なものってこと?

ロキソニンが効くこともあるのに?

 

結局これか。。。

 

まあ結局いつもこんな感じだから

どうしようもないんだろうか。

 

異常がなかったんだから

いいことなんだろうけど

あの強い痛みを放っておいていい?

不安なんですけど。

 

そして異常があるとしても

半年に一度のCTでは見つからないこともあるって

それってなんでわざわざ言われたんだろ?

 

痛みが強く感じやすいのが原因だとしても

経過観察はいらないんだろうか?

 

でももう先生に質問する気持ちにはなれず

診察室を出たら涙が出ました。

 

それで気持ちが落ち込んだのか

病院から帰宅したら爆睡。

今朝起きたら体が動かず。

今日も一日中寝ていました。

 

娘が来て気持ちを聞いてもらったら

少し落ち着いて

夕方、簡単なおかずとポトフを作りました。

 

私、弱いですよね。。

痛む度に落ち込んだり泣いたりしてるから

余計に体調悪くなるんですよね。

 

 

f:id:cocorony:20240217204116j:image

旦那っちのバレンタインに

娘とプレゼントしたリンツ

甘くておいしい。

 

でも

私の痛みは食べ物に関係しているのか?と

この3日間は口にするいろんなものを

疑いの目で見てしまっています。

 

 

原因がわからない痛みがたびたびやってくるって

どーしたらいいんやろなあ。。

 

再来週は通院日があるので

相談してみようと思います。

 

 

 

悲しいニュース

最近は

入園入学に使うカバンや巾着袋などを

作っています。

f:id:cocorony:20240214193804j:image

 

デザインするのも裁縫も大好きで

作っている時間はとても楽しいです。

 

作ったものをメルカリに出品して

選んでいただけることもあり

ありがたいです。

 

 

選んでいただいたものをラッピングするときは

感謝と応援のメッセージを添えます。

 

カバンたちよ!

子どもたちのことを頼むよ!

と願いを込めます。

 

 

配達されると

購入してくださった方から

コメントが届きます。

 

「かわいいカバンをありがとうございました。

 娘が大喜びです。」

とか

「裁縫が苦手なので嬉しいです。

 これで入学式を迎えられます。」

とか

 

お子様に喜んでもらえるのはもちろん

お母さんに喜んでもらえるのも

とても嬉しいです。

 

子どもを育てるって大変なことも多いです。

だからそのお手伝いを

ほんの少しできればいいなと思いながら

作っています。

 

子どもたちもお母さんたちも

ステキな春を迎えられますように。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今日とても悲しいニュースを見て

泣いてしまいました。

ショックを受けられた方も

多いのではないでしょうか。

 

親のネグレクト。虐待。

死因も信じられないものでした。

 

その子の辛さは

どんなに深かったろう。

どんなに悲しかったろう。

 

毎日どんなに怖かっただろうか。

 

 

私は虐待されている子どもを

担任したことがあります。

毎日どこかに傷がないか

さりげなく探していました。

 

悲しい跡があると

児童福祉施設などに連絡をしますが

阻止することがなかなか難しく

子どもたちは悲しみ続けるしかありません。

 

子どもはどんな親でも

そこを居場所だと思っています。

虐待されたことを担任にも言いません。

 

だから

おや?おかしい。。と思ったら

周りの大人たちが

動いて守らないと!と思います。

 

 

完璧に子育てをできる人はいません。

悩むこともたくさんあると思います。

 

どうしても育てられない理由があるなら

子どもを傷めるのではなく

助けを周りに求めてほしい。

 

傷めるくらいなら

子育てを委ねてもいいとも思うくらい。

 

みんなで子どもたちを守ってあげられる世の中に

なってほしいと思います。

 

 

私たちは他人でも

周りの子どもたちにすこし関心を持って

虐待やネグレクトに気付いたり

困っている親に声をかけたりすることも

必要なのかなと思いました。

 

私たちにできることが

あるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

おかあさんへのかかわり方を悩む

週末は

義母のことでいろいろありまして

旦那っちの落ち込み具合もなかなかでした。

 

義姉もおかあさんに電話をしているようだけど

不安ばかりの内容で

疲弊しているらしいです。

 

ふたりとも繰り返される母親の言葉に

最後は強く言うしかないらしく

どうしたもんかと悩ましいところです。

 

といっても自分の母親のことだから

介護するのは当たり前のことなんですけどね。

 

おかあさんも息子も娘も

ただ気持ちをぶつけ合うだけでなく

何かいい方法を見つけるのがいいと

私は思っています。

 

 

義母はお金のことでたびたび不安定になります。

年金額はありがたいことに

特別切り詰めなくても

贅沢しなければ生活をしていけるだけはあります。

 

浪費癖があるので

年金以外の通帳は私が預かって

必要な時に引き出しています。

 

 

最近は

年金を全額引き下していたり

いくら引き出せばわからないと言ったり

お金がないと言ったりします。

 

毎日のように

娘や息子にそのことを言うので

もうお金の管理が無理なのではないかと

思っています。

 

認知機能がますます低下しているのなら

子どもたちで管理していくしかありませんよね。

 

 

義母の話を聞いて家に帰ってきた旦那は

いつもため息をついてイライラしています。

 

話を聞いた私が何か言おうとすると

「何も言わんといてくれ!

 イライラして受け入れれん。」

という始末。

 

落ち着いたら

「イライラしてごめん。」

と言うので

 

「もうおかあさんにわかってもらおうとか

 自分でさせようとか思わないで

 できることを私たちですればいいんだよ。

 そうすればお母さんも安心するし

 そんなにイライラしないんじゃない?

 イライラしたところで家族なんやから

 みんなでなんとかしていこうよ。」

と言うと黙っていました。

 

この週末はそんなこと続きでした。

 

親子とは。。。難しいものですねえ。

 

 

そう言う私も

娘とのかかわりに大きく失敗して

落ち込む日もありますが。。。

 

今日は

そんな鬱々した気持ちを吹き飛ばすような

気持ちのいい天気です。

f:id:cocorony:20240213163812j:image

雲ひとつない綺麗な青。

 

f:id:cocorony:20240213164102j:image

稜線が青空にくっきり見えました。

光がココロまで届くようです。

 

 

 

 

 

時代のせいにしてはいけないことがある

『不適切にもほどがある』のドラマ

観ておられますか?

 

昭和生まれの私にとっては

「懐かしい〜。」

と笑えるところもあるんですけど

 

改めて

「不適切やなあ。」

「今やったらSNSで拡散やなあ。」

「これはダメやろ!」

ということをわんさか感じるドラマです。

 

自分が育ってきた昭和だけど

本当に不適切にもほどがあったなぁと思います。

 

暑い日の体育や部活の時

水を飲ませてもらえなかったけど

その時はそれが正しいことやと思っていました。

 

親や先生から

叩かれたりつねられたりしたこともあります。

頻繁にされたわけではないけど

まあ。。

それらを疑問には思わんかったよな。

 

学校には竹刀を常に持ってる先生とか

お尻を順番に叩かれてる男子生徒とかいましたし

職員室に行くとタバコの煙で白くなってることも

珍しくなかったです。

 

 

中学の時の理科の男の先生が

「ちみちみ」の罰をする先生でした。

【ちみちみ】とは【ちみる】という方言から。

【ちみる】とは【つねる】という意味です。

今は使わなくなりました。

 

私が小さい頃は

「悪いことしたらちみちみやよ。」

という言葉をよく聞いていましたっけ。

「ちみちみ」をする人がいなくなったから

【ちみる】という言葉そのものが

なくなったんかもしれません。

 

その理科の先生は

授業はおもしろかったけど厳しいところがあり

怖がられる存在でもありました。

 

言うことの聞かない生徒には

腕の内側の柔らかいところ(脇の近く)を

ギューっと「ちみちみ」するのです。

 

私も一度だけされました。

廊下を走っていたら名前を呼ばれて

「ちみちみ〜」って。

 

「いたーい。いたい!いたい!」

と言うと先生が

「廊下なんか走っとるからやろ!」と。。。

これ今ならパワハラとセクハラですよね。

 

家に帰る頃には

ちみられたところが痛くて青タンに。

しばらく青タンのまま。。。

痛いけど自分が悪いことをした罰なので

親にも言おうと思いませんでした。

 

その先生が授業中にこう言ってました。

なぜ腕の内側の脇近くにするか。。

「そこにすれば親にも気付かれんやろ。」と。

 

その時

ちょっとだけ「え?」と思ったんですけど

そこまでびっくりしませんでした。

なんなら

「先生も考えたなー。」くらいに

感じていたかもしれません。

 

友だちもそれについて何も言っていなかったし

親に伝える生徒もいなかったでしょうね。

そんな時代でした。

 

 

今なら

パワハラやセクハラと言われてることも

日常的にあって

「やめてほしい」と

今より言えない時代だった。。というか

そんなこと訴える発想も

なかったのかもしれません。

 

 

『ふてほど』のドラマを観ているときは

昔のことを思い出して

「ひどい時代だなあ」なんて思いながらも

懐かしんだり笑ったりして

見ていられるんですけど

 

その時代だから許されたことが

現在になって判明して

それが人の人生を狂わせるような

ひどい行いだったとしたら

その人は許されるのでしょうか。

 

「そんな時代だったんだから仕方がない」と

許されていいことなんでしょうか。

 

 

昭和ってつい最近のことですよ。

昭和に生まれ育った人が

今まだたくさんいる時代ですよ。

 

べつに江戸時代に人を切った武士のことを

今さら不適切だと言っているのではなく

昭和に起こったことなんですから

それで苦しんでいる人がいる以上は

今、取り上げて議論し合えばいいと思うんです。

 

 

私はお笑いが大好きです。

ずっと好きです。

 

昭和の時代にいちばん好きだったのが

ダウンタウンです。

私は辛いことがあった時

ダウンタウンのコントやトーク

救われてきました。

 

好きだったからよく番組を観ていたので

覚えていることがあるんですけど。。

ダウンタウンとその周りの芸人たちで

飲みに行った話やナンパの話を

テレビでよくしていました。

 

内容までは覚えてないけど

「それ、テレビで言うたらあかんやつや。」

と言いながら笑っているのを覚えています。

 

 

昭和の時代だから許されてた?

許されてたからしていた?

そのことによって苦しんだ人たちのことを

そのあと少しでも考えた?

 

被害者たちがやっと今

声を上げられたんだと思います。

「昭和の時代のことや」ではすまされない。

 

昭和の時代だって本来許されなかったことを

権力を使って

欲望のままにして

被害者たちが声を上げられないようにして

そのあとは知らん顔してお笑いを作ってたんや。

 

バレんかったからって

平成の時代も

ますます権力を振り翳しとったんやろな。

そしてお笑いの頂点みたいな顔して

テレビに出とったんか。

 

そのお笑いで私は笑ってたんやと思ったら

ほんとにもう腹が立つし切ない。

あくまでも真実やったらの話やけど。

 

 

先日のIPPONグランプリ

チェアマンの椅子に違う方が座っていて

「今回はお休みなので代わりに」

と言っておられたけど

「お休み」っていうワードが

すごくひっかかってしまいました。

 

今回だけお休み?

事実なら永遠にお休みやろ?

 

芸人たちの中には

真実の声を上げる人もわずかながらいるけど

擁護するような人や

大したことじゃない感じを出す人もいる。

とても残念です。

 

 

昭和は昭和で

不適切にもほどがある時代やったけど

大切なこともいいこともあったし

すべてが悪いわけじゃなかったと思う。

思うけど

許せないことは

時代のせいにしちゃいけないと思います。

 

f:id:cocorony:20240209214002j:image

 

人は完璧じゃないから

罪深いところもみんなあると思うけど。。。

 

自分のしたことで苦しんでる人がいるなら

それが自分に聞いても真実やと言うなら

謝らんと。

償わんと。

 

 

被害にあわれて苦しんでいる方々が

どうか救われますように。。。