cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

明るい未来を願って子どもたちと過ごす

がっくししてしまったことがありました。

ニュースで麻生副総理が

菅内閣のことをなんと

「かんないかく」と言っていて

そのあと「すが内閣か。。。」と

涼しい顔で言いなおしていました。

 

ウソでしょ?

ウソでしょ?

 

そんな人に副総理は務まるのかい?

今までだって務めてきたのかい?

辞めればいいのにと思っちゃった。。。

ため息もたっぷり出た。

がっくし。

 

 

私は保育士として子どもたちを保育するとき

明るい未来を願いながら

子どもたちと接しています。

その明るい未来を

あの人に託すのかと思うと

はあ。やっぱりため息です。

 

 

子どもたちの未来を

どうか大切に考えて欲しい。

自分の欲だけで政治家にならないで欲しい。

おねがいです。

 

 

 

今週は保育園で

とてもいいことがありました。

 

1歳児のMくんは

多動で言葉もないし指差しもまだありません。

 

そのMくんが

数日前から

登園すると私を見つけ

目を合わせたまま

走って私のところへやってきて

飛びついてくれるようになりました(^-^)

 

なのでしっかり抱きしめて

「いい子いい子。Mくん大好き。」と

たくさん撫でて

たくさん言葉をかけます。

Mくんはうっとり体を委ねて

顔をくっつけてきます。

 

この愛着行動はとても大切なものです。

人を信じることを

Mくんは知ったのです。

 

嬉しくて可愛くて

私の方が元気をもらっているかもね(o^^o)

 

Mくんは

たくさん成長しています。

 

積んだ積み木を壊すのが好きだったのに

積み木を積めるようになりました。

 

型をはめるおもちゃの意味がわかり

それをじっくりするようになりました。

 

ひとりで脱走しようとせず

私の手を引っ張って

誘ってくれるようになりました。

 

私の手を自分のお腹に持ってきて

抱っこしてグルグル回してもらうことを

リクエストしてくれるようになりました。

 

眠くなると私の手を引っ張って

布団の入っている押入れの前に連れていき

押入れの戸を開けて

寝たいことを

知らせてくれるようになりました。

 

言葉はないけど

一生懸命知らせてくれます。

それがなんとも嬉しいのです。

 

だからMくんに手を引っ張られたときは

必ずついていくようにします。

Mくんにとっては

それが伝達方法だからです。

言葉ならあっという間に相手に伝わりますが

Mくんは言葉の代わりに

私を介して

いろいろ伝えようとしてくれています。

だから私はMくんのココロが

満たされるように

人を信じられるように

関わっていく事を大切にしています。

 

 

 

未来を作るってこんな小さな事を

大切にするって言う事なのだと思います。

 

 

大人たちみんなで

明るい未来のために

できることから

小さなことから

コツコツと行動していきましょう。

 

政治家の皆さんにも

そんなふうにお願いしたいです。

 

 

 

f:id:cocorony:20200918202422j:image

うちの庭のミニバラ。

よくわからない天候の中

頑張って咲いてくれました。

みんな頑張ってるなあ。