cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

大切な妹

昨夜

それは辛そうに

そして申し訳なさそうに

妹から電話がありました。

 

「お姉ちゃん。体おかしい。

 不安で辛くてどうしようもない」って。

 

持病の状態もココロの状態も

良くないらしくて心細い声。

 

「電話してごめんね。」

なんて言わなくていいんやよ。

 

かけてきてくれてありがとう。

 

すぐに妹のところへ行って

抱きしめたい。

不安を少しでも取り除きたい。

 

 

妹の家までは1時間ぐらいかかります。

 

歳をとって夜の運転が苦手になって

本当はとても行けそうにないのだけど

「今から行くよ。」と言いました。

 

電話をしていたら少し落ち着いてきて

「明日来て。」と言われたので

今日妹のところへ行きました。

 

母も一緒に。

 

 

その前に買い物に行き

食欲のない妹の好きなキッシュと

ほうれん草のあえものを作りました。

f:id:cocorony:20211212130818j:image

 

妹の好きなパン屋さんのパンも

買ってきました。

 

 

何も食べられていないようなので

しばらく実家で過ごすことになりました。

 

お母さんは

「辛い時は隠さないで言ってね。」

と言っていました。

 

妹は

「ごめんね。ごめんね。」

と泣いていました。

 

 

妹はどんなに辛いだろうと思います。

治ることのない病と共に

これまでもよく頑張ってきました。

 

いつも明るくて

ユーモアがあって

優しくて

元気な妹。

 

不安な気持ちを隠して

努めて元気にしたのかもしれません。

気づけてなかったらごめんね。

 

 

私も妹も

家族と一緒に

ただ毎日を過ごしていきたいだけ。

 

多くは望んでいません。

 

 

みんなで力を合わせて生きていきます。

 

だからもう少し力をください。

 

 

 

 

妹がどうか元気になりますように。。。