cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

保育士おすすめの絵本「もっとおおきなたいほうを」

今回の絵本は、本屋さんで何気なく手に取り

 

読んですぐ購入を決めた絵本です。

  

『もっとおおきなたいほうを』  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もっとおおきなたいほうを (こどものとも絵本) [ 二見正直 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)

楽天で購入

 

「もっとおおきなたいほうを」???

子どもの絵本なのに戦争みたいと思いました。

読んでみたら、なんと!!!なんと!!!

そのおもしろさに感動さえしました。

「これは絶対子どもたちも大喜びだ!」

というわけで即購入(*^▽^*)

 

先祖代々伝わる大砲を打ちたくてしょうがない王様は

 川で自分の好きな魚を食べているきつねに大砲を撃とうとします。 

でもなぜかキツネはもっと大きな大砲を持ってやってきます。

 

打ち合いになることはないのですが、王様はキツネに負けたくなくて

どんどんおおきな大砲を作っていきます。 

 

それには負けないキツネの速さと大きさがすごい!

王様が作っても作っても、、、

キツネは気持ちのいいテンポで大砲を持ってきます。

 

そのテンポ感が絵で表されている素晴らしい絵本です。

 

子どもたちは、思った以上のキツネの大きな大砲に大笑い!

 

子供たちのココロが踊っているのを感じます。

 

でも、どうしてキツネはそんな大きな大砲を持っているのでしょう。

 

 ふしぎ。ふしぎ。

 

王様はキツネより大きな大砲を作ることができるのでしょうか。

最後はどうなるんでしょうね。

 

 

ぜひ子どもたちと読んで欲しい1冊です。

 

 

大砲を作る場面では

陰に隠れて煙草で一服している家来の姿も(笑)

 

絵本の醍醐味は

何度読んでも絵の中に発見があることですね。

 

 

子育てや保育には共通の笑いが大切だと思います。

 

たくさん笑って、笑って、笑って。。。

 

笑っていられる時間はステキ。

 

絵本ってなんでこんなにココロが踊るんでしょう(^O^)♫

 

今日もせがまれて読んだ「もっとおおきなたいほうを」

 

明日も子どもたちに読んであげたい!