cocoroの中にたくさんのこと

病と共に日々の出来事や想いを綴る

映画「浅田家」 家族と写真のチカラ

 

f:id:cocorony:20210404093226j:image

昨日の夜

家族で近所の桜を観に行き

その帰りに

映画(DVD)をレンタルしてきました。

 

 

昨日は

「浅田家」を観ました。

 

 

「浅田家」の公式サイトはこちら

https://asadake.jp/sp/index.html

 

INTRODUCTIONより

主演:二宮和也  原案:浅田政志

監督;中野量太   笑いと涙の感動実話!


父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな《家族写真》を世に送り出した写真家・浅田政志。普通の家族が、消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋……等々、全力でなりきった姿を収めた写真集「浅田家」は、思わず笑みがこぼれる仲睦まじい家族の光景として好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞しました。

本作は、この「浅田家」と、東日本大震災津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、第41回報知映画賞作品賞、第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき独自の目線で紡いだオリジナルストーリー作品です。

写真家・浅田政志を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族をユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか。一人の写真家の人生を通して《家族の絆》《写真が持つチカラ》を色濃く映し出します。

 

笑いあり涙あり

ほのぼのが静かに流れていくような

あたたかいストーリー

それでいて

ココロの中に大切なものを

思い出させてくれたような

とても深くていい映画でした。

 

写真家:浅田政志さんの実話を原案として

制作された物語です。

 

映画を見終わった後

すぐに本物の「浅田家」の写真集を

検索して観ました。

映画の中で撮られたものは

本物のものと

見分けが付かないくらいのクオリティで

再現されていました。

 

エンドロールと共に

映画本篇では出てこない

「浅田家」の家族写真が

映し出されます。

 

本当に家族そろって

こんなおもしろい写真を撮ったのだと思うと

笑ってしまいました。

 

 

家族ってなんだろう。

家族って素晴らしい。

 

写真ってなんだろう。

写真って素晴らしい。

 

 

映画を観終わった後

家族や写真の持つチカラが

こんなにも偉大であることを

再確認しました。

 

本当に

あったかくて

いい映画でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は映画を見ながら

私の家族を思い出していました。

 

お父さん。

お母さん。

妹ふたり。

わたし。

 

お父さんがカメラ好きで

家族のイベントや

家族旅行のたびに

私たちを撮ってくれました。

 

お父さんは自分が映るのは

あまり好まなかったので

写っているのは

私たち三姉妹が多かったです。

 

お母さんは

アルバムを作るのが好きで

私たちの写真に

日時や場所

コメントを付けて

ステキなアルバムを

作ってくれていました。

 

f:id:cocorony:20210404104145j:image

 

私が小さな頃

お母さんが自分の友人に

「私、火事になったら

 いちばんに持ち運ぶものはアルバムだわ。」

と言っていたのを

今でも覚えています。

 

その時

「へえ。お金じゃないんだ。

 アルバムってそんなに大事なんだ。」

と思っていたのも覚えています。

 

 

私はお母さんの影響か

娘のアルバムも

同じように作りました。

 

そしてお母さんと同じように

火事になったら

いちばんに持ち出したいものは

アルバムです。

 

 

写真家の浅田政志さんは

東北の大震災のとき

見つけた写真を洗浄して

持ち主にお返しするボランティアを

されていました。

 

見つけた方々は

みんな「ありがとう」と言ったそうです。

 

そうですよね。 

 

頭の中の記憶も

とても大切だけれど

忘れてしまった思い出も

写真が記憶してくれていますから。

 

その頃の親の愛情を

感じることもできます。

 

その頃の気持ちを

思い出すこともできます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お父さんが亡くなってから

1ヶ月か経ちました。

映画「浅田家」のおかげで

自分の幼い頃のアルバムを

開いています。

 

数少ないお父さんとのツーショット。

 

f:id:cocorony:20210404101459j:image

 

若いお父さん。

なぜかシャクレ顔してる幼い私。

 

あったかいお父さんのひざの上。

 

思い出す優しいお父さん。

 

 

 

映画「浅田家」

 

暖かい時間をお過ごしいただけます。

皆さんもぜひ。。。