cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

低いハードルを超えていく

 

暗くて寒くなると

なんだかやる気も損なわれていくような

そんな気がします。

 

それならそれで

いいじゃないか〜!

やれることをやっていけば

それだけで万々歳だよ〜!

 

と自分に言い聞かせる。

 

 

ココロの病になって

ガンになって

再発して

抗がん剤治療を終えて

仕事は始めず

胆嚢のことを心配している

今の私。

 

そんな私には

「ハードルは低い方がいい」

と思っています。

 

 

私は完璧を求めがちです。(でした)

正規の保育士時代は

それはそれは

完璧を求めて

自分を追い詰めていたと思います。

 

ハードルはめっちゃ高かったです。

そしてそれを達成するために

何がなんでも頑張っていました。

 

だから結果的に

なかなかいいものになります。

 

嬉しい結果に満足し

周りから称賛されて

さらに上を目指そうとしていました。

 

結局ハードルは

どんどん高く高く。。。

自分でも見えないくらい高く。。。

 

それでも頑張って到達するために

自分の体とココロを

犠牲にしていることにも

気づかずに

いえ。。気づかないふりをして

突っ走っていたんです。

 

なんのこれしき!

負けてたまるか!

という精神で。

 

子育ても家事も

完璧を求めて

手を抜きませんでした。

 

 

そしてある日。。

 

体とココロが崩壊。

 

もうどうにも動けない。

何もかもが嫌でした。

何をするのも無理でした。

 

そこから

暗いトンネルに入り込み

長い間出て来れませんでした。

 

 

初めは旦那の理解は得られず

「仕事、辞める気じゃないやろね?」

と言われた言葉は

今も私のココロを傷つけたまま。

 

きっと旦那は本当に

理解できなかったのです。

 

ココロの病は

目に見えませんから。

 

少し良くなったように見えると

ただの怠け者だと

思われがちでした。

 

ココロの病はなった人にしか

わからない辛さだと思います。

 

 

そして今

私のハードルは低いです。

低くするようにしています。

 

元々の性格が

完璧を求めがちなので

意識して低く保っていないと

罪悪感を持って

結局高いハードルを

越えようとしてしまいます。

 

厄介な私ですね。。。

痛い目にいっぱい遭ってきたのに。

 

 

目標は高く持ってもいいと思います。

 

でもそれに行き着くためには

いくつかの低いハードルを

いろんな方法で試したり

時には失敗して修正したりしながら

進めばいいんだと思うんです。

 

 

私は一気に高いハードルを

えい!えい!と

いくつも乗り越えていたから

そりゃーしんどくなるし

壊れるわけです。

 

もう

そんなことをしなくても

生きていけることがわかったから

 

よかった。

 

 

今日も低いハードルを

ひとつでも乗り越えるだけで

自分をなでなでです。

 

なんなら

ハードルを乗り越えなくても

生きてるだけで

なでなでです。

 

 

甘やかし?

 

いいんです。

 

甘やかせる時は

甘やかさないと。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

昨日

ココロの病の診察日。

主治医は相変わらず優しくて

うなづきながら私の話を聞いて

穏やかに話しかけてくれました。

 

身体症状は相変わらずありますが

落ち着いているので

精神の薬は減らしています。

 

 

胆嚢痛の方もずっと心配してくれて

これまでにCTや腹部エコーの検査も

行ってくれました。

こちらの病院でも

胆道の異常は見られませんでした。

 

専門医がいる地元の大学病院で

診察を受けたい旨を伝えて

紹介状を書いてもらうことにしました。

 

 

胆道の病は

原因がわからないことが多いと聞いて

半ば諦めていましたが

やっぱり心配です。

 

 

誓ったはずです。

 

これからを楽しく生きていくために

元気な体とココロでいようって。

 

 

モヤモヤしたまま

生活しているのは辛いです。

 

どんな結果が出るか

わからないけれど

できることはしておこう。

後悔しないようにしておこう。

 

 

「紹介状を書いてもらって専門外来へ行く」

 

このことは私にとって

ひとつのハードルだったんです。

きっと。

 

専門外来は

ひどい病気の人が診察してもらうところと

決めつけていて

私は行っていいのかと

遠慮していたところがあります。

 

私だって

胆嚢痛辛いよ。

医療に頼ろうぜ。私。

 

 

 

ひとつひとつ

低いハードルを超えて

ゆっくり前進していきます。

 

 

皆さんも無理しないで。

ゆっくりゆっくりいきましょう♪

 

 

f:id:cocorony:20211125114954j:image

遠方にいる妹(三女)から届いた

mont-bellの靴下があったかいです。