cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

どうしてそう生きるのか

最近の記事には

体操やトレーニングを実行するために

思ったことをつらつら書いています。

まだ実行してるとは言えない程です。笑

 

昨日の記事にも書きました。

  ↓↓↓

cocorony.hatenablog.com

 

そして体操やトレーニングを

しようと思っているのには

理由があります。

 

ただ引き締まったウエストを作りたいとか

老化を抑えて若々しくいたいとか

それだけのためではないです。

 

 

私なりの目標があって

その目標には理由があります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私は今年の4月に

ガンが再発して

それはそれは落ち込みました。

それでも今日まで

周りの人たちに

とても優しく支えてもらい

自分自身も治療を頑張ってきました。

 

だからこれからの生きる時間は

「生き生きと楽しく過ごしていきたい」

のです。

 

それは誰でも思うことなんでしょうけど

ガンの再発によって

そのことは今までの何倍も強く思っています。

 

 

告知された時は

震えて泣きました。

先生(主治医)は

泣く私に現実を伝え

治療方針を伝え

その後

手術をして治療をしてくれました。

 

ツンデレな印象の先生は

手術前日にも泣く私を

困った顔をして

言葉少なめで慰めてくれました。

 

手術が終わり朦朧とする中

「手術は無事成功しましたよ」

と知らせに来てくださった先生に

嬉しくて手を差し出し

握手をお願いしました。

先生はちょっと照れたように手を出して

握手をしてくれました。

 

先生は私の命を

私の未来に繋いでくださいました。

 

「私はこれからも生きれるんだ」

 

手術を終えた時は

もう大丈夫という気持ちになりました。

 

人は周りの人たちに支えられて

生きています。

決して自分の力だけで生きているんじゃないし

生きていくことは当たり前じゃない。

 

 

先生は

顆粒膜細胞腫は希少ガンで

研究が進んでおらず

抗がん剤は効果が期待できないことも

隠さずに教えてくれました。

それでも先生自身は

治療はした方がいいと考えていること

あとは自分の気持ち次第だということを

伝えてくださいました。

 

手術が終わったら

それで終わりじゃなくて

今度は治療が待っていました。

もちろんわかっていたことだったし

手術もうまくいったのだから

今度は私が治療を頑張ろうと思いました。

 

効果があるかもしれないのなら

抗がん剤治療を選択しますと

即答しました。

 

私の早い決断に

先生の方がびっくりしていたけど

するなら早く始めて

早く治療を終わりたかったのです。

 

抗がん剤治療もあと2回になったけど

治療が終わっても

今度はしっかり定期検査をして

再発する可能性がある顆粒膜細胞腫を

検査では見つけにくい顆粒膜細胞腫を

先生と一緒に見つけて

早期発見早期治療に努めて

まだまだ未来に命を繋いで

生きていきたいのです。

 

次に再発するのはいつになるのか

そんなの誰にも予想できませんし

再発しないかもしれません。

 

それに再発を見つけたとしても

その後の治療がうまくいくかどうかは

分かりません。

 

でも再発に恐れて

ガンの影に隠れてしまう人生は嫌です。

 

いつ終わるかわからない命なのだから

生きている間は元気で楽しく

かわいく美しくありたい。

 

それは自己満足なところもあるでしょう。

でも周りからどう思われたいだとか

そういうのとは

ちょっと違う。

 

 

これから歳をとっていくとき

背筋を伸ばして

口角を上げて

しっかり自分の足で歩いて

自分の気持ちを話して

会いたい人に会って

楽しい気持ちで生きたいのです。

 

鍛えて筋力が付けば

元気に生活ができる。

そして健康的にかわいく美しく

生きていくことができるんじゃないかな。

 

だから今は

無理なく効率の良い運動として

骨盤底筋体操とドローインを選択している

というわけです。

プラス

食事も大切にしたい。

無理のないゆる〜い糖質制限

実行できたらいいなー(笑)

と思っています。

 

 

周りの人たちは優しくて

私をたくさん助けてくれて

それに甘えることは多いだろうけど

私の生きたい道を進むためには

私は自分でも努力しなきゃいけない

と思うのです。

 

 

元気に

かわいく

美しく生きるために。

 

そんな願いを叶えるために

実行あるのみです。

 

おまけで見た目も良くなるかも^ ^

それはあとから付いてくる

おまけのご褒美。

でもーーそれも大事なことなのかな。

そのことで今より自身が付いて

行動力もアップするかもしれませんからね。

 

 

私は

私の生きる道を

自分の足で

自信を持って進むために

どうしたらいいか考えています。

 

 

私が存在するだけで

娘は安心するようだし

きっと他にも安心してくれる人が

いるような気がします。

 

私には会いたい人がいっぱいいて

その人たちと笑顔で会って

まだまだいろいろ話したいです。

 

もちろんそのためには

体のことだけでなく

ココロの力もアップしたいですね。

 

人とどう接するか。

自分の気持ちをどう発信して

どう納めていくか。

こちらはまだまだ

検討中なので

まずは体づくりから実行です。

 

 

わたし生きなきゃ。

 

娘や周りの人たちと

これからも楽しい時間を

過ごしたいから。

 

明日も明後日もです。

 

 

命は永遠ではないことを

ガンになると思い知らされます。

 

だから限られた時間を

楽しくかわいく美しくです。

 

 

どう生きるか

目標を何にするかは

人それぞれ。

自分で納得して進められたら

幸せですね。

 

 

明日は抗がん剤5回目投与のため

入院します。

 

そのために今日はお弁当用や明日の夕飯用に

作り置きをいくつか作っておきました。

f:id:cocorony:20210913120139j:image

 

 

そして入院前日の今日の夕飯は

毎回気合が入ります。

入院と副作用で

しばらく料理ができなくなるから。

家族に少しでも私の手料理を

食べてほしいから。

 

 

今日は鶏むね肉とナスで

油淋鶏(ゆうりんちー)を作りました。

f:id:cocorony:20210913120229j:image

 

間違えて「今日はゆうちんりーだよー!」

と言うと

すかさず娘に「ゆーりんちーね。」

と直されました。笑

こんな会話も楽しい。

これもココロの栄養だな。

 

夕飯は作り置きの野菜も

少しずつ皿に盛って

美味しくいただきました。

 

温かくて栄養のあるものを食べれば

健康な体とココロが

作られていくんでしょうね。

 

生きていくということは

体とココロに必要なものを

食べるということ。

食べることは

生きることに繋がるのです。

 

 

これからを生きるために

明日は明るい笑顔で

行ってきまーす!