cocoroの中にたくさんのこと

母、主婦、保育士の日々の工夫や思いを綴る

副作用真っ只中 私の生きる道を願う

保育園の主任先生に

5回目の抗がん剤投与を

無事終えたことをメールで伝えました。

 

そしたら

励ましのお言葉や

子どもたちのかわいい様子を

知らせてくれました。

 

そして最後にこんなお言葉を。

 

「先生、いつから保育園に来れそう?

 もちろん元気になってからでいいし

 コロナ禍でいろいろ不安もあると思うから

 無理しないでね。

 短時間でもまた保育園に顔を出してね。」

 

ありがたいことです。

また大好きな保育園で

子どもたちと過ごすことができる。

こんなに何度も体調不良や病気で

保育園に迷惑をかけているというのに。

 

 

睡眠障害やら身体の痛みやらが

3年ほど続いて

それでも頑張り続けた結果

10年前にうつ病と診断されて

保育園を始めて休職しました。

 

それからガンになったり

また精神的に辛くて入院したり

身体の痛みが強くなったりして

その度に退職してはまた復帰してを

何度か繰り返しています。

 

そして今回のガン再発。

 

本来なら

雇ってもらえなくて当然だと思うけれど

保育士として戻ってきてほしいと

言っていただけています。

 

また働き始めても

体調不良になるかもしれない。

いつかまた

ガンの再発があるかもしれない。

その度に迷惑をかけるくらいなら

自分から保育園で働くことを

お断りすればいいんだろうけれど。。。

 

でもやっぱり保育士として生きていきたい。

子どもたちと楽しく過ごしていきたい。

そして

私の愛で救われる子どもたちが

ひとりでも多くありますように。

成長する場面が

一瞬でも多くありますように。

 

そう願いながら

もう一度保育士として生きていきたい。

 

 

私はうつ病にもガンにも

なりたくなかった。

なりたくはなかったけど

なったことでしかわからない

温かいものや大切なことを

知ることができたのも本当です。

 

 

抗がん剤治療の副作用で

今日はかなり倦怠感や骨の痛みが辛いです。

ココロ細くて再発のことを考えて

ネガティブ思考がやってきます。

 

 

でも

また保育園に戻れるかもと想像するのは

楽しいことです。

 

私に保育士の道を開いてくださる

全ての人や出来事に

感謝です。

 

 

 

スマホに保存されている

子どもたちの絵画作品。

いろいろ見てたら気持ちが和みます。

f:id:cocorony:20210920093137j:image

 

思い思いに描く子どもたちの絵。

保育士や友だちと話しながら描いたり

真剣に黙々と描いたり

そんな姿が可愛くて好きです。

子どもたちの作品を

壁面に飾るのも好きです。

 

 

これから何が待ち受けているのか

誰にもわからない。

私もわからない。

ただこれからの生きる道を

楽しんでいきたい。

好きな人と共に過ごしたい。

一緒に生きていきたい。

 

 

これが今の私の

ポジティブマインドです。